絵を描くのが好きなら御茶の水美術学院に進学しよう

見られるポイント

女性

態度や言動

企業の採用試験だけでなく、大学入試でも面接を取り入れているところが多いのは何故でしょうか。おそらく、求められている人材の変化、特にコミュニケーション能力やマナー、常識を備えた人物が求められているからである、と考えられます。誰もが人生で一度は経験するだろう面接ですが、意外とマナーを知らない、と困っている人もいるかもしれません。そこで今回は、面接の初歩的なマナーについてポイントを整理しておきましょう。まず第一に気をつけるべきことは服装です。スーツ着用であることは当たり前ですが、手入れや着こなしなどにも注意しておかなければなりません。特に就職活動で長時間スーツで活動する人は、スーツを汚してしまったり、シワになってしまう恐れもあります。清潔感は人に与える印象に大きな影響があるので注意しておきたいところです。次に注意すべきことは、入退室のあいさつのマナーです。緊張していると、つい普段通りに行動してしまいがちですが、うっかり後ろ手にドアを閉めたりしないようにしましょう。あとは部屋に入退室する時、着席する時、面接が終わった時などに「失礼します」「よろしくお願いします」などのあいさつを明るくハキハキとこなしましょう。第一印象はあいさつで決まるといっても良いほど大切です。コミュニケーションに苦手意識がある人も、あいさつは練習次第で変えることができます。初めは家族相手でもいいので、繰り返し練習しましょう。