絵を描くのが好きなら御茶の水美術学院に進学しよう

美術系の大学は難関

学生

トップレベルを目指すなら

美術系の大学に入学したいと考えたときに、最初に決定しなければいけないのが、予備校に通うかどうかです。美術系大学は一般の入学試験とは違い、実技が存在しますので、そちらも上手くなければいけないからです。技術を独学で学ぶこともできますが、受験という競争の場でライバルに勝ち抜きたいのなら、美術予備校に通うことを考えたほうが無難でしょう。特に、トップレベルの大学は美術予備校の教えがなしでは、「受かることができない」とまでいわれていますので、できる限り通ったほうが良いです。もちろん、天才といわれる一部の方は独学でも合格できていますが、そこまでの自身がないのなら、美術予備校に通って自身の実力を確かめることをおすすめします。通うべき美術予備校を選ぶときには、目標とする大学への合格率で選んでしまったほうが安全でしょう。合格率が高いということは、その大学の試験対策をしっかりと把握している証明だからです。一般的な学科試験なら成績を数値化するのはとても簡単ですが、美術の実技試験を数値化することは不可能といえます。そのハッキリとしない実力をきちんと伸ばしてくれるのが、有名な美術予備校なので、優秀な先生に指導を仰ぎましょう。なお、通える範囲にレベルの高い美術予備校がまったくなければ、通信教育を利用する方法もあります。通信教育でも実績を残している美術予備校は存在するため、地方に住みながら夢を叶えたい方にもピッタリです。